ちょっとした工夫で長持ち可能!調理器具のメンテナンス方法

大切に使って長持ち!

道具の手入れも料理です

調理器具で欠かせない包丁は、お手入れに気を使う道具です。 切れ味が全てですから、いつもストレスなく使えるようにしておきたいものです。 一方で、簡単に使える調理ばさみも人気が出てきました。 食材に応じて刃の種類がありますが、包丁同様切れ味が大切です。

基本の切る道具

木製や鉄製が多かった調理器具ですが、今はいろいろな素材でできているものがでまわるようになりました。
プラスチックやシリコンなど、軽くて使い勝手が良いものが手軽に手に入ります。
ずっと使用しているおなじみの器具から、工夫して便利な道具へと進化したものも。
難しいと感じていた料理を、簡単に楽しくできるように変えてくれています。
使う道具が難しかったり、重くて不便だったりすると、それだけでやる気も削がれてしまいます。
様々な素材のアイテムが出てきたことで、色やデザインもかわいいものが増えてきたので、キッチンがおしゃれになってきました。
たくさんの調理器具、それぞれの特徴に合わせて、お手入れの方法も素材によって違ってきます。
今まで通りではかえって器具を痛めてしまうこともありますので、お手入れ方法をきちんと確認して使うことが大切です。
また、使用後のお手入れだけでなく、調理中も丁寧に扱うことが長持ちの秘訣でもあります。
例えば鍋。
噴きこぼれや焦げ付きには気を付けて、付いてしまった汚れは早めにしっかり落とす、加熱部分以外に火や熱を直接当てないように注意するなどです。
お手入れに気を使いすぎると、結局ストレスになってしまって楽しくありませんから、お手入れ道具もお気に入りのものを揃えるといいですね。
スポンジやゴム手袋など、かわいいもので揃えましょう。
楽しくお手入れ、楽に調理をすることで、料理を得意にしちゃいましょう。

調理器具の大物、まな板

場所をとるまな板ですが、お手入れや保管の仕方次第で長く使うことができます。 木製とプラスチック製がありますが、どちらも殺菌と乾燥が基本です。 ごしごし洗えばいいわけではなくて、それぞれでお手入れ方法が違います。 使い馴れたものを長く使い続けるために、しっかりお手入れしましょう。

沢山あるフライパン

種類が多いフライパン。 鉄製の中華用から、家庭用の表面が加工された使い勝手の良いものまで、本当に様々なものがありますね。 作りが違うため、お手入れの方法もちょっと違ってきます。 長く愛用したいなら、使い方からお手入れまで、頭に入れておくことが大切です。

TOPへもどる