ちょっとした工夫で長持ち可能!調理器具のメンテナンス方法

大切に使って長持ち!

>

沢山あるフライパン

鉄製のフライパン

昔から使われている鉄製のフライパンは、熱伝導率が高いことで知られていますね。
しっかりと火を通すことができますし、使いこなせれば和・洋・中どんな料理も自信がつきます。
鉄製のフライパンのお手入れは、「毎日使う」ことです。
使わなければ錆びていく素材ですから、錆がないかチェックも兼ねて、毎日使用しましょう。
また、油を使った調理後は、食器用洗剤を使用せず、油膜をはっておくことで長持ちします。
洗う時はたわしを使って洗いましょう。
鉄製フライパンで困るのが、食材が焦げ付いたりくっついて取れなくなってしまう事です。
加熱が不十分であったり、油膜がしっかりはられていないことが原因です。
汚れや焦げが付かないように使用することも、お手入れの一つです。

表面加工がされているフライパン

テフロンやダイヤモンドでコーティングされているフライパンは、くっつかない、焦げ付かないと、大変便利です。
ただし、高温に弱かったり、金属製のフライ返しなどを使用すると表面が傷ついてしまうなど、使用時に注意が必要な点が多く、誤って使用するとお手入れに関わらずすぐ使えなくなってしまいます。
表面が傷つくことでコーティングがはがれてしまい、その特徴である効果が無くなってしまうためです。
また、急激な温度変化も嫌いますから、使用後すぐに冷たい水で流したりすることは避けましょう。
使用後は食器用洗剤と柔らかいスポンジでやさしく洗います。
しっかりと水分をふき取って乾燥させるのは、どの調理器具も一緒です。
表面加工フライパンは、他にも種類があってそれぞれでお手入れの方法が違いますから、注意が必要です。


この記事をシェアする
TOPへもどる